横川泰三ラフターヨガと出会えてとても幸せです

ラフターヨガとの出会いは、2009年8月にテレビを見て知りました。その際、番組に出演されていた田所メアリーさん、タドさん夫妻の笑いや、冗談、ユーモアやコメディに頼らず誰でも笑うことができる、という言葉に感化され、「これだ!」と思いました。 以前から、笑うと気持ちが軽くなると思っていましたが、職場で上司から「にやにや笑っているんじゃないよ」と言われ、次第に笑わなくなってしまいました。そこで、ラフターヨガがどんなものか体験しようと、テレビを見た翌月、東京ラフタークラブに初めて参加しました。もともと人見知りで、作り笑いが苦手だったので、心から笑い、考え方が悲観的から楽観的に変わるまで3か月かかりましたが、お陰様で1日1日を楽しく積極的に過ごせるようになりました。

その後しばらくして、2人のリーダーと東京白金ラフタークラブをスタート。今では10名程度のメンバーが参加してくれるようになり、参加者は増え続けています。初めての参加者がラフターヨガセッションで笑顔に変わっていくのはとても嬉しい限りです。彼らは前向きに変わり、スッキリした気分になり、より良い方法でストレスに対処してけるように変わっていきます。

ラフターヨガと出会えてとても幸せです。これからも自分には必要なものです。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

clear formPost comment