ジャン笑いヨガは、私に、大手術に持ちこたえる力を与えてくれました

笑いヨガは、私に、大手術に持ちこたえる力を与えてくれました ジャン マクエリー カナダ 腹部手術のために3度切開しましたが、笑いヨガから学んだことをこれらの手術時に当てはめ、手術を楽しく行うことが出来ました。2週間前から風船を膨らませたり、笑ったりして、手術に備え肺や腹部を強化トレーニングしました。手術の一時間半前から待合室で、ホッホッハハハのかけ声をしたりベリーグッドイエーイと言ったりながら笑いました。

自分の好きな音楽を流しながら手術をしてもらうようにしたり、手術の前に看護婦さん、医師に頼んで、私と一緒に笑ってもらったり、手術用のガウンにおかしなことを書いて、場所を明るくする様に勤めました。

手術後の私は笑顔だったそうです!

手術後24時間病院にいましたが、痛み止めは必要としませんでした。

退院後2日間は家でゆっくり過ごし、3日目にはコンピュータを買いに出かけ、5日目には乗馬していました。

自分は少し痛みを感じているだけで病気ではない、ということを知ること。これは私を助けてくれました。人々はしょっちゅうこの二つの事柄を取り違えています。そして手術前後には、呼吸をしっかりすること。

最も重要な事柄は、ゆっくりストレッチを始め、ホホハハハのかけ声とヤッターイエーイを混ぜながら笑い、だんだんストレッチを強化していきました。これらは、早い回復を助けてくれて、退院後4日目には、少しスローながら、手術前と変わらぬエクササイズを出来るようになっていました。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

clear formPost comment