nobuko-oomomoハイ、ど~も~!

新潟唯一の夫婦漫才『つまようじ』。「つま」担当の 大桃信子(モモちゃん)です。

新潟のNPO法人に所属して 月1~2回のペースで漫才を披露して5~6年になります。

ふとした事から、本当の夫婦で漫才をやることになったものの、始めはとても漫才といえるものではありませんでした。元々が、私は堂々と人前に出てしゃべるタイプではないのです。自信なさげに挨拶して 顔は引きつり声は震え(私)、セリフは棒読み(夫)・・・で、観客は 失笑。「笑わせる」というより、「(呆れて)笑われて」いました。夫婦の仲も険悪になり、漫才どころか 夫婦解散の危機です。こりゃダメだ、なんとかしなくては。第一、自分で全く面白いと思えない。自分が楽しめないのに 観客が楽しめるはずがない・・・。

そんな時、『笑い』につながるものを模索していた私は、『笑いヨガ』の動画を見て「これだ!」と思いました。私達には、なによりまず、大きな声と笑顔で挨拶出来るような気持ちの余裕が必要でした。そうだ!舞台に立つ前に『笑いヨガ』やったらいいんじゃない?! やろう!習いに行こう!

・・・でも、東京は遠いなぁ。もっと近くでは無いの?と、躊躇していたそんな時、偶然にも、お笑いのイベントで、上越の「みんな大好きこうちゃん」と一緒になったのです。それからは、幸運が重なり すぐに地元の長岡でリーダー講習を受けることが出来ました。今は ティーチャーとなって、月3回 施設でのボランティアを続けています。

おかげで、あまり緊張せず人前に立てるようになり、大きな声も出るようになりました。

緊張する本番前には必ず夫婦二人で(舞台袖で声を出さずに)「笑え~!!ハハハ・・・」とやっています。バンザ~イ!

 

じゃあ、漫才は上手くなったのか、って? もちろん、「面白くなくても、笑うっていうのが大事ですよ~ お互いのためですからね」を鉄板ネタにして、相変わらず 失笑!・・・されています。(・・・って、変わって無いんかい!)

ありがとうございました~。

大桃信子(新潟県)

Related projects